Welcome to Asakusa, Tokyo!
You luckily come to this hotel –
a crossroad of people,
located in the crossroad of history and culture, Asakusa.
Please enjoy this town like a free bird.
Yes, journey is like a free bird flying.
We guarantee the best experience in this town – Asakusa, Tokyo, Japan.
After enjoying a day, you have a comfortable nest – this hotel.
Please enjoy your stay,
please enjoy Hotel Little Bird Oku-asakusa.

ホテル・コンドミニアム・民泊の良いところを兼ね備えた、
新しい「おもてなしホテル」が奥浅草にオープン。

Once in a lifetime
ただ泊まるだけではない、ここでしか味わえないような
「忘れられない体験」をご提供いたします。

ホテル管理人 小島哲郎

Our hotel has the best of “hotel” “vacation rental” and “apartment”.

Our hotel welcomes short stay visitors, long stay visitors –

with independent private room, plenty of equipment for long stay,

hospitality of the owner and rich programs of original experiences…

Our hotel will offer you “once in a life time” experience.

Host of this hotel Tetsuro

View from the rooftop 屋上からの眺め

HOTEL LITTLE BIRD OKU-ASAKUSA owner’s blog

占い、オンラインセラピー、麻雀 Fortune-telling, online therapy, maajang

当ホテルはコロナ禍の中でもだいぶお客様に宿泊頂いているが、空室もあるので貸会議室として公開している。貸会議室のお客様はリピーターが多く、web面接やZOOM会議などで一人で利用されるお客様が多い。当ホテルは4部屋しかないためwifiのスピードが速く、また静かな環境のためオンライン会議に最適なのだろう。しかし、いろんな目的で貸会議室を使うお客様もいる。昨日は1日占いイベントがありホテルの管理人はさながら占いの館の受付だった。占いに来る方は若い女性が多く、浅草の街を華やかにしてくれる。また本日はオンラインセラピー教室で使われている。講師はどうもタイにいるらしく生徒さんのみが教室でオンラインセラピーを受けている。そして、何度もご使用頂いているのが麻雀。ホテルの客室に麻雀卓として使える机があり、ホテルの部屋を独占できるのでコロナに感染する心配もない。他、女子会で皆さんでお料理されることもあればYouTubeの撮影にも使われる、面白いホテルである。皆さんも、ぜひ面白いホテルの使い方を考え付いたら、ホテル管理人までご連絡ください! A lot of guests stay in this hotel, but still there are available rooms, so we offer available rooms for rental meeting room. Many of the users of rental meeting room are repeaters, they use this room alone for online interview / ZOOM meeting. This hotel has only 4 rooms so guests can enjoy …

あるお客様との交流 A story with an old guest

初めましてホテルリトルバード奥浅草オーナーのTetsuroです。ホテルを開業して10ヶ月、コロナ禍の中でも様々なお客様をお迎えし、今までのことを振り返ることも多くなりました。そこでブログを始めてみたいと思います。このブログでは、日々起こるホテルでの出来事、オーナーの今までの思いなどを紹介していきたいと思います。 第1回は、オーナー個人のFacebookで多くの「いいね」を集めたエピソードを公開します。 先日、私の運営するホテルにフランス帰国からの自主隔離で2週間滞在された72歳の女性がチェックアウトされました。もともと私のホテルはエレベーターもなく若い人向けに作られており、お年を召した方に階段の上り下りをして頂くことで申し訳なさもあったのですが、結果的には素晴らしい2週間でした。お客様、福島出身の方で、福島産のキュウリを「こういうのはフランスでは手に入らないのよ」と言って浅漬けにして管理人の私に二度もおすそ分けしてくれました。みずみずしいキュウリにゴマをあえた浅漬けは絶品。なぜかご飯などもおすそ分けしてもらい、私からはお礼に浅草の亀十のどら焼きを差し入れて喜んで頂いたり。フランスのお孫さんの写真集を見せて頂いて、あまりの可愛さに驚いたり。お客様が浅草の散歩に出かけるときは必ず管理人の私に「行ってきます」、戻ったら「ただいま」と言って頂き、まるで家族のようなご滞在でした。でも、チェックアウトの日が来てお客様は手を振って出ていかれました。お客様が去られたあとのこの喪失感。長期に滞在されるお客様は国籍関係なく家族のように感じられ、でもホテルである以上必ず別れが来ます。この喜びとこの悲しみのために、私はこのホテルを大事に経営しようと思います。 Hello! I am Tetsuro, owner of HOTEL LITTLE BIRD OKU-ASAKUSA. 10 months passed since I opened this hotel, during this time I welcomed many guests although suffering from COVID-19 pandemic, and I also come to remind old memories related with this hotel. So hereby I start this blog. In this blog I …